「本・読書について」から探す

【絵本のキャラクター紹介】 なじみやすく子供の心をわしづかみ

世の中にはたくさんの絵本があり、色々なキャラクターがでてきます。

その中で、年子の娘2人に様々な絵本を読み聞かせをしてきました。

子供が絵本を読む事って、大人が小説を読む事と一緒だと思います。

色々なチャンスがあるという事だと思います。

  • 自分の知らない世界を知る
  • 登場人物の感情や行動に共感したり、やってはダメな事を学ぶ
  • 想像力が身につく

読み聞かせをしていく中で、子供達が特に

  • なじみやすかった
  • 好きになりグッズを買った
  • 何作も読んだ
  • 何度も何度も読みたがった

そんなキャラクターを紹介します。

おそらく男女関係なく好きになれる要素を持ったキャラクターだと思います。

ほげちゃん

下記の名前を知っていますか?

その名は「ほげちゃん」といいます。
子供向けの絵本のキャラクターで、実は我が家の娘達が「ほげちゃん」の事が好きになりました。

何度も読み返す絵本の中の1つで、よく一緒に読んでいます。

見た目は可愛いが、いたずらっ子ぽい性格もあり、しかし必死で一生懸命な部分もあってなかなか憎めない。

男の子でも女の子でも好きになれる、愛らしいキャラクターです。

ほげちゃんと子犬のペロ

そんな「ほげちゃんらしさ」が1番実感できる作品は「ほげちゃんとこいぬのペロ」ではないかなと思います。

この作品は何度も読みたがり、そして「ほげちゃん」を好きになっていきました。

ほげちゃんまいごになる

ほげちゃんが家族と動物園にでかけたが、かばんから落ちて迷子になってしまいます。しかし、家族は落ちたほげちゃんに気付きません。

ここから、ほげちゃんの1人の冒険がはじまります。無事に家族のもとへ帰れるのか、、子供と一緒に「ハラハラドキドキ」します。

ほげちゃんは絵本だけではない

絵本だけではなくて、グッズもあります

娘達は、首からかける入れ物(ほげちゃんコインパース)を持っています。

完全にほげちゃんファンとなっております。

ほげちゃん

ほげちゃんコインパース

絵本は素晴らしい

親子でファンになれるようなキャラクターと出会う事ができれば、より子供とのコミュニケーションもとれますし、子供も本好きとなり、よい影響をあたえるのではないでしょうか。

まだ出会った事がない良い絵本はたくさんあるはず。

子供の好きな絵本のキャラクター探しをするには下記を利用してください