「夫婦・子育ての悩み」から探す

【子供はおばけが見えるというのは事実だった】ちょっと怖い話【体験談】

「小さい子供は大人には見えないものが見える」と昔からよく聞く。
かつては「本当かよ?」と半信半疑だった。

がしかし、今では間違いなく私もそう思う。
なぜなら、突然娘たちがせきららに語り始めたのだ。私や妻が全く見えない人たちの事を……

  • どうしよう?
  • このまま娘達は成長してもずっと見え続けてしまうのか?
  • 霊感があるのか?
  • 怖いんだけど……(;^ω^)

実際に起こった事を記載していく。
同じような状況に置かれている人の何か役に立てばと思う。

結果的にどうなったか

  • 1ヶ月程で何も言わなくなった。
  • 今現在ではもう何も言わないし、何も見えないようだ。また私たちも何も聞かないようにしている。

実際にした対応方法

  • 正直何も対応方法がなくて、見守るしかなかった。
  • 子供達が見えている事を色々言ってくるので、私たち大人には見えないからと言って、頭ごなしに否定はしない。
  • 優しい口調で、どんな人が見えているかを具体的に聞き出した。
  • 怖がったりしたら、「大丈夫。パパ(ママ)がいるよ。守ってあげるから」と言葉をかけた。

子供が見えている事が判明した時の状況

その時は突然訪れるのだ。

娘達が2、3歳頃だったと思う。

夜寝る時よく娘が誰もいない場所をじっと見ている。
そして、微笑んだり何か喋ろうとしたりしていた。

始めは特に気にしていなかったが、毎夜続くのである時聞いてみた。
「どうしたの、何かいるの?」

「……」

「何、どうしたの?」

「おばあちゃんがいる」

「え」

「いつもおばあちゃんがいるの」

「(◎_◎;)・・・」

「知っているおばあちゃん?」

「知らない」

「いつも笑っている」

画像

確かこれが始まりだったと思う・・・・・夜寝る時になると色々言いだした。

「いつもお兄ちゃんがすごい速さでここを走っていく」

「おねえちゃんはいつもあっちからくる、やさしいんだよ」

「おじさんは窓からこっちを見てる、こわい」

「どんだけいるんだよ、こえーーよ」

画像

だが一番怖かったのは、昼間の出来事だ。

皆で居間のソファーに座ってくつろいでいる時

「パパもう少しあっちいって」

私がちょっとどいて場所を空けた。そして娘達はオモチャを持ってきてそこに置き始めた。

普通に遊ぶのかなと思ってみていたら、オモチャを持ちあげては落としている。

「何してるの?」

「お友達と遊ぶの」

「お友達?どこにいるの?」

 

「パパの横」

「(◎_◎;)」 さすがにちょっと寒気がした。

 

当時の事を娘たちに聞いても全く覚えていないらしい。

子育てというのは、色々大変だ。

しかし、この様な事で悩まされるとは予想外な出来事だった。

しかし本当に幼児は大人にはない不思議な力があったようだ・・・・
用心しないと・・・・・