「快適生活・知恵」から探す

【COMME des GARCONS の財布】ちょっと大きめの財布がほしい方向け レビュー記事

普段持ち歩く財布

男はかばんに財布を入れないで、ポケットに入れて持ち歩く人が多いと思う

例えば、左のポケットに携帯、右のポケットに財布といった感じで

そこにはこだわりが無いようで、実はこだわりがあるものだ

 

長財布だと大きいし、一般的な財布は少し小さく感じるし、飽きた……

小さい財布だと使い難いし、中がごちゃごちゃするので、ゆとりがある財布が欲しい

こんな俺を満足させてくれる財布ないのか・・・

 

こんなあなたにおすすめできる財布があります。

 

COMME des GARCONS (コムデギャルソン)

仕様は

  • 素材カウハイド(牝牛の革)
  • ラウンドファスナー開閉
  • 二つ折り財布
  • カード入れ×4
  • 小銭入れ×1
  • お札入れ×1

カラーは、黒とがあります

現在、私はこの財布を使用しています。

昔は、いわゆる普通サイズで二つ折りの財布を使用していました

しかしずっと

  • できれば、お札を曲げたくない
  • 財布の中にゆとり感が欲しい
  • カード入れは最低限でスッキリ感も欲しい
  • 大きめの財布が欲しい

「長財布がいいのでは」と思ったのですが、「財布をポケットに入れて持ち歩く派」だったので、大きすぎてポケットに入りきらないしダメでした。

「お札を曲げたくない」という願いはだめでしたが、他はすべて満足感を得られています。

 

財布レビュー

【 サイズは約12,5cm × 約11cm 】

「スイカ」等のICカードを中に入れておけば、電車やバスに乗る時は、このままの状態でタッチすれば通れます。

また、若干ぴちぴちのスーツを着た時でも、ポケットに入り、違和感なく過ごす事ができています。


以前に使っていた財布と比べると大きい事がわかります

 


開いた外側。「COMME des GARC」の文字がなかなか……よい


財布の中。

外側の「COMME des GARC」の続きの「ONS」が中に記載されていて、ここで「COMME des GARCONS」の文字が完成しています。

カード入れが4枚だけですし、大きいわりには意外とスッキリしています。

 


カード入れは4枚で入れたところです。スッキリしています。

必要最低限のカードを入れる感じです。

小銭れです。深いので見やすく、取り出しやすいです。

たくさん入りますが、あまり入れすぎると分厚くなってしまうので、気をつけましょう。

実体験のアドバイスとして、「小銭入れ」には、家等のカギを入れておくのはやめた方がよいでしょう。

汚くなるし、そのうち「小銭入れ」のとこに穴があく可能性があります。

お札入れも余裕があります。
見やすく、取り出しやすいです。

「小銭入れ」と「カード入れ」の下にそれぞれ、薄い物なら入れる事ができます。

私は、お守りとブックオフカード等を入れております。

 

財布を使用するにあたって

このCOMME des GARCONSの財布に向いてない人

【面倒くさがり屋の人】

お金やカードを財布から出し入れする度に、ファスナーを開閉しなければならないので

【薄っぺらい小さい財布が好きな人】

世の中キャッシュレスが進んでいるし、「ミニマリスト =(持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人)」なる人々も現れている。

そういう観点から、この財布は大きめなので、ミニマリストの人は向いてないでしょう。

しかし、カード入れ枚数は少ないですし、余計な物はあまり入らない感じなので、財布の中だけは、ミニマリスト向けなのかもしれません。

無地が好きな人

ご紹介した財布は「COMME des GARCONS」と、大きく印字されています。

個人的にはかっこいいなと感じているのですが、これが嫌いな人もいます。

そういう人には同じ「COMME des GARCONS」の印字がない財布もあります。
これは、カード収納枚数がちょっと多く6枚収納できます。

財布へのこだわりとは

昔、オモチャみたいな財布を使っていたり、ボロボロになってもずっと使っていた事があった。

すき間から小銭やカードを落とした事もあった。入れていたお札もしわくちゃになり、なんか「お金がかわいそう」と思えてしまった事がある。

こういう状態って、金運アップにも良くないと思う。

財布って、お金やカードを入れて毎日持ち歩く物なので、ある程度はこだわりたいものです。